<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=15609&amp;fmt=gif">

オンデマンドウェブキャスト:
SFDRとタクソノミー

過去、現在、そして未来へのナビゲート

ESG投資の人気が高まるにつれ、運用会社は規制がないために空白となっていた部分を埋めるために、急増している非政府系の自主的な基準に対応しなければなりません。現在の市場の細分化、不透明性、自主基準と関連するサービス間の品質の不均一性は、グリーンウォッシュのリスクを高めています。

その結果、EUは、運用会社が信頼性の高いデータや分析結果の開示によってESGに関する開示内容の根拠を示すことを求める規制基準を策定しました。最近では、運用会社がESGリスク分析を実施し、商品レベルおよび企業レベルのESG情報の開示を公表することを義務付ける「金融機関等のサステナビリティ開示規制(SFDR)」と、環境的にサステナブルであると表示する前に、厳格な基準に従って投資対象を義務付ける「タクソノミー」があります。

本ウェブキャストでは、ファクトセットのVanessa BarnettESGグローバルヘッド)、Nels Ylitalo(規制ソリューション商品戦略ディレクター)、Adam SalvatoriESGクライアントソリューション&リサーチグローバルヘッド)がEUSFDRとタクソノミーの過去、現在、未来について様々な施策の実施時期や、運用コミュニティにどのような影響を与えるかについての分析を含めて解説しています。

 

 

Watch Now

Speakers

Spacer

Vanessa Barnett

シニアバイスプレジデント、ESGグローバルヘッド

ファクトセット

Spacer

Nels Ylitalo

バイスプレジデント、規制ソリューション商品戦略担当ディレクター

ファクトセット

Spacer

Adam Salvatori

ESGクライアントソリューション&リサーチグローバルヘッド

ファクトセット

Vanessa Barnett

シニアバイスプレジデント、ESGグローバルヘッド | ファクトセット

ファクトセットのESG部門のグローバルヘッドとして、業界をリードするESGソリューションを求める顧客の複雑な要求に応えるべく、全社の製品戦略チームと密に連携しながら、ESGコンテンツ戦略全般を担当。

前職ではDow Jones11年勤務、グローバルなサービスラインの製品戦略の責任者を務めた。コロンビア大学でコンピュータサイエンスの学士号を取得。

<

>

Nels Ylitalo

バイスプレジデント、規制ソリューション商品戦略担当ディレクター | ファクトセット

米国海軍で信号諜報活動に従事後、イェール大学のロースクールに入学、2007年にJDを取得。ロースクール卒業後は企業M&A弁護士として、VCPEファンド、企業クライアントのM&A取引を担当。現在は、グローバルなバイサイドの規制要件や課題を中心に、幅広い金融サービス規制を担当。

<

>

Adam Salvatori

ESGクライアントソリューション&リサーチグローバルヘッド | ファクトセット

フィナンシャルクオンツ、データサイエンティスト、UXデザイナー、エンジニアで構成されるクライアントチームを率いて、クライアントが抱えるESGインテグレーションの難しい課題の解決に取り組む。

以前は、Truvalue Labs社のチーフソリューションオフィサー(Chief solution officer)、ゴールドマン・サックス社のコモディ・システムトレード戦略のグローバルヘッド、Kensho社の金融商品部門の共同設立者を務めた。AIを活用してインデックスを作成した業界初の一人であり、インダストリー4.0における新経済セクター分類システムを共同発明。また、IBMでメインフレームの暗号セキュリティエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、その功績により、特許を取得。アルバニー大学でコンピューターサイエンスと経営学両方の学士号を取得、数学を副専攻で学ぶ。

<

>